フランジュールブログ


by francjour

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

FRANCJOUR / COTE BASTIDE

カテゴリ

全体
from FRANCJOUR
KOBE SHOP
TOKYO SHOP
from FRANCJOUR STAFF
from CULTURE

以前の記事

2016年 03月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

お気に入りブログ

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

FRANCJOUR GINZ..
at 2016-03-30 12:24
2016 BONNE ANNEE
at 2016-01-04 14:12
JB AdeV,créati..
at 2015-08-05 12:27
SOLDES ソルド 開催中です
at 2015-07-09 12:34
肌触りの心地良いオリジナルタオル
at 2015-05-27 17:28

ファン

記事ランキング

画像一覧

<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

オリーヴの器 ベラールフェア

只今、神戸店二子玉川店ベラールの商品をご紹介しています。
木目やふしの出方が1点1点違い、それぞれに表情がある器。
また、レモン絞りやハニーディッパー、パン用トングなど、かわいい便利グッズがいっぱいです。
お近くにお越しの際は、ぜひフランジュールへお立ち寄りください。
ご来店をお待ちしております。


オリーヴに囲まれた、南仏スタイルの二子玉川店の模様です。
f0111065_1819403.jpg

f0111065_18192826.jpg

[PR]
by francjour | 2011-07-26 17:40 | from FRANCJOUR

ソレイユのアトリエを訪れて

f0111065_16213249.jpg

f0111065_15341448.jpg

ムスティエ村の麓、自然に囲まれたソレイユのアトリエを訪ねることが出来ました。かつての名窯セグリエの後を受け継いでいるだけあって、その頃からの貴重な型がうず高く積まれていました。

フランジュールでコレクションしていたセグリエを数点ご紹介します
f0111065_957751.jpg

17世紀から18世紀始め、フランスの貴族は自分たちの紋章入りのお皿をムスティエに注文していました。当時ムスティエで装飾の仕事をしていたオレリスという人が多色配合を生み出し、この色使いを使って紋章入りのデザインをされたそうです。
f0111065_9515282.jpg

17世紀にフランスの王宮芸術を一手に引き受けていた芸術家オレリス。彼のスタイルは「ベランスタイル」として世に認められていました。
とても細かいこの線画を描くにはかなりの時間と技術が必要です。まさに熟練のなせる技です。
f0111065_16253045.jpg

セグリエの当時の新しい作品ベジタブルのレリーフはとても美しく、赤土がうっすら透けて見える逸品です。
f0111065_16342747.jpg

ソレイユはムスティエの後を継ぎ、アラン・デュカス氏が使われる陶器も手がけています。
オーベルジュにあったオリーブのナイフレストはフランジュールでもお取り扱いしていましたが、とても人気があり、現在売切れとなっています。
f0111065_1541887.jpg

中世ヨーロッパ時代、フランスでは財政悪化を理由に金銀細工品を撤収する王令が施工されました。ムスティエ焼きではその代用品として、銀器に似せた陶器を作成。これがフランス貴族の間で使われたことから、ルイ15世紀様式と名づけられました。

ソレイユの商品はこちらからご覧いただけます。

現在、フランジュール神戸店二子玉川店では、‘プロヴァンスの器’として、ベラール(オリーブの木の器)とソレイユの陶器をご紹介しています。
お近くにお越しの際は、ぜひフランジュールへお立ち寄りください。
[PR]
by francjour | 2011-07-25 19:28 | from FRANCJOUR

Moustiers-Sainte-Marie ムスティエ・サント・マリー

陶器の村で知られているムスティエ・サント・マリー。
その中でも、かつての名窯セグリエの型を全て受け継いでいるソレイユの工房と、ムスティエ焼のお皿を使われているアラン・デュカス氏のオーベルジュを尋ねた時の写真をご紹介します。

私たちは、南仏からリュベロンの山を越え、サン・クロワ湖、ヴェルドン渓谷を望みながら陶器の村、ムスティエをめざしました。
アラン・デュカス氏のオーベルジュ、ラ・バスティド・ド・ムスティエはムスティエ村の外れにあり、車で走っていると見逃しそうな小さな看板と閉ざされた門扉の奥に建物が見えました。インターホンを押し予約をしていることを告げると、静かに門扉が開き、中へと誘導してくれます。するとそこは山々に囲まれた、木々の揺れる音だけが聞こえる別世界でした。
f0111065_10301618.jpg

f0111065_17501358.jpg

f0111065_17513833.jpg

庭の菜園で採れたオーガニックの野菜が食材として使われています。
f0111065_1752089.jpg

f0111065_1751499.jpg

心地よい風と日差しを受けていただくお料理は、
どれも美しく本当においしかったです。
f0111065_11355712.jpg

少しオーベルジュの中をご紹介します
f0111065_11362247.jpg


ブティックの入り口
f0111065_11363765.jpg

向こうにムスティエ村を望みます。
f0111065_1755166.jpg

[PR]
by francjour | 2011-07-22 11:39 | from FRANCJOUR

ファーストシューズ

f0111065_10125696.jpgf0111065_10115116.jpg

フランスでは、まだヨチヨチ歩きもままならない赤ちゃんにも靴を履かせる習慣があります。
それがファーストシューズ。
日本では家では靴を脱ぐ習慣ですが、ヨーロッパは靴社会。
赤ちゃんであっても靴はお洋服とセットで考えられ、身だしなみのひとつになっています。
そして、ファーストシューズは記念として大切にとっておくのだそう。
大きくなって自分が履いていたファーストシューズを見たときは、
本当に感慨深いものがあるでしょうね。

また、ベビー服も日本のように大きめを着せるのではなく、
ちょうどその時のサイズに合った服を身につけさせます。
それは、これから大きくなる子どもに 'おしゃれ' という感性を身につけさせるための
親の務めなのだそう。
さすが、おしゃれの国フランスですね。

現在、各店でLola coquelicotのベビーアイテムをご紹介しています。
神戸店では常時展開、 二子玉川店では 7月1日〜12日まで、
また、WEB SHOP でも常時ご覧いただけます。

これからママになられる方やもうすぐ生まれる赤ちゃんへの可愛いプレゼントにいかがですか?
[PR]
by francjour | 2011-07-06 10:18 | from FRANCJOUR

ELLE JAPON

f0111065_18353990.jpg

現在発売中のELLE JAPON で
プロヴァンスの特集が組まれています。
プロヴァンスのオーベルジュやブティックなど、
興味ある記事が満載。

フランジュールでもお取扱いのある 'La cousine des Lilas' や 
' LES HABITS NEUFS' のお店も紹介されています。



また日本でも選べる南仏気分のインテリアアイテムということで、
Côté Bastideや VOX POPULI の商品も掲載されています。

プロヴァンスにご興味のある方は 是非ご覧ください。

f0111065_18363411.jpg

f0111065_18364024.jpg

f0111065_109937.jpg





ラベンダーの花言葉・・・期待
[PR]
by francjour | 2011-07-05 18:43 | from FRANCJOUR